白髪染めをするにあたって、綺麗にする方法がいくつかあります。

その一つを本日はご紹介させていただきます。

まず、必要なものがあります。

それは暖かい部屋とラップです。

まず、白髪染めをする前に、しっかりと髪の毛を暖めておきましょう。

自分は常温かまたはすこしあたたかい部屋で待機します。

体が温かい状態で、まずは髪の毛ぜんたいに色をつけましょう。

前髪や横、後ろやもみ上げなど、白髪が生える部分全てに色をつけておきましょう。

次に、つけ終わったら、ここで先ほど用意したラップを頭に巻きましょう。

これは美容院でもやっている方法なのですが、髪の毛にラップを巻くことで、保温効果を作るのです。

さらに、ラップをしたまま暖かい部屋に待機することで、二重の保温効果が得られます。

暖かくしているとその分だけ、白髪に白髪染めのの成分が浸透しやすくなります。

そのため、是非これを自宅でやる場合は実践してみてください。

次に、白髪染めに必要な待ち時間を待ったら、次はラップを取り、まずはお風呂場のお湯で綺麗に髪の毛に付着している薬を洗い流します。

その後、シャンプーで残った薬と毛穴に付着した分も綺麗にとります。

ここで綺麗に取らないと、後々髪の毛が痛みますので、気をつけましょう。

その後リンスをします。

リンスは2回やるといいでしょう。

最後にトリートメントがあるとベストですが、もし無かったとしてもいいです。

あとは綺麗に髪の毛を乾かし終了です。

皆さんもこの方法で試してみてください。